初マタの準備

MENU

初マタ 妊娠したら何が必要?

初マタ

初めての妊娠は何もかもが分からないことばかり。
辛いつわりや日々大きくなるお腹などの体の変化はもちろん、妊娠したら必要なものを揃えたり、母子手帳の交付などさまざまな手続きが必要です。

 

そこで今回は、初めての妊娠で必要なものや出産に向けて準備したいもの、出産する病院の選び方や各種手続きの流れなどを詳しくお教えします。

妊娠中にこれだけは揃えておきたいもの

ママグッズ

ママが妊娠中、入院中、退院後で必要なものが変わってきます。産前は大きくなるお腹を支える妊婦帯、入院中と退院後は悪露があったり赤ちゃんのミルクの吐き戻し、母乳がポタポタとたれてくる事もあるので、生理用ナプキンや母乳パッドの用意が必要です。

 

アイテム 価格の目安 妊娠中/入院中/退院後

前開きパジャマ
(授乳しやすい前開きがよい)

2,000円〜5,000円 2着 〇/◎/〇

授乳用ブラ
(洗い替えも用意しておく)

2,000円〜5,000円 3枚 〇/◎/◎
妊婦用ショーツ 1,000円〜3,000円 3枚 ◎/〇/−

産褥ショーツ
(汚れた時の為に少し多めに)

1,000円〜2,000円 3~4枚 −/◎/◎
腹帯(妊婦帯) 2,000円〜5,000円 1~2枚 ◎/−/−
授乳ケープ 3,000円〜5,000円 1枚 −/〇/〇

生理用ナプキン
(夜用がおすすめ)

400円〜500円 1~2パック −/◎/◎
母乳パッド 400円〜500円 1パック −/〇/〇

 

ベビーグッズ

ベビーグッズ

赤ちゃんのためのグッズはこれから色々と必要になってきますが、入院中、退院時、退院後は必要最低限の準備でも十分です。
衣類はもちろん、オムツ用品や沐浴用品、綿棒などの衛生用品の準備も必要となります。

 

退院時に車を使用する人や産後すぐも赤ちゃんを乗せる必要がある人は産前に準備をしておきましょう。

 

アイテム 価格の目安 妊娠中/入院中/退院後
短肌着 1,000円〜2,000円 5枚 −/◎/◎
長肌着 1,000円〜2,000円 5枚 −/◎/◎
コンビ肌着 1,000円〜2,000円 2枚 −/〇/◎
赤ちゃんの服 1,000円〜3,000円 5枚 −/◎/◎
紙おむつ 1,000円〜3,000円 1パック 〇/◎/◎
おむつ処理バケツ 1,000円〜4,000円 1つ −/−/◎
哺乳瓶 1,000円〜2,000円 3本~4本 −/−/〇
哺乳瓶消毒用品 1,000円〜2,000円 1つ −/−/〇
粉ミルク 500円〜2,000円 1缶 −/−/〇
ガーゼ 500円〜2,000円 5~10枚 −/◎/◎
チャイルドシート 20,000円〜100,000円 1つ −/◎/◎
綿棒 200円〜400円 1パック

 

−/〇/◎

おしりふき 200円〜2,000円 ~1ケース 〇/◎/◎
ベビー布団 5,000円〜30,000円 1式 −/〇/◎
ベビー石けん 200円〜1,000円 1つ −/−/◎
ベビーバス 1,000円〜3,000円 1つ −/−/◎

 

必要になってから揃えていいもの

ベビーカーや抱っこひも、ベビーベッドはあると便利ですが、嫌がってあまり使う出番が無かったり、生活環境などで必要のない子もいます。
そういった、要るか要らないかの判断がすぐに出来ないようなものを妊娠中に揃えておくと無駄になってしまう可能性がありますので、
迷うものは必要になってからの購入でも良いです。

 

お風呂グッズや哺乳瓶関係も同様です。
いざ必要になっても今はドラッグストアや通販ですぐに手に入れる事ができますから、産後すぐは最小限にしておいて、
必要であればその都度購入するという形でも問題ないでしょう。

病院選びと母子健康手帳の交付

病院選びのポイント

病院選び

妊娠したらまずは出産する産婦人科を決めなければなりません。
婦人科はあっても出産ができる産婦人科はないという病院もあります。

 

産婦人科といっても総合病院と個人病院がありますし、分娩スタイルや指導内容、距離などの条件から自分に合った、こんな出産・育て方をしたいと思える産婦人科を選びましょう。

 

総合病院

その名の通り、病院での出産です。
ハイリスクの妊婦さんや近所に総合病院しか産院が無い場合などによく選ばれています。

 

急に何かがあってもすぐに対応して貰える安心感はありますが、総合病院なので待ち時間が長い、妊婦さん以外の患者さんが沢山いるので感染症に注意が必要、産後の入院の部屋が大部屋になる(病院による)などの面もあります。

 

個人病院

開業医の方が検診、分娩を行っている個人の産婦人科です。
一般的にはこういった個人病院を選ぶ方が一番多いです。

 

産婦人科専門なので安心感がありますし、妊婦さんの為のマタニティ教室などが行われていたり、産後入院も綺麗な部屋で豪華な食事が出たり、産後のエステがあったりと、サービス内容や金額にも差があり、分娩方法や指導内容(母乳育児にこだわるなど)も違いがあるので、自分に合った産院を選ぶことができます。

 

助産院

こちらも近年増えつつある産院です。助産師さんが指導を行っています。
主に分娩をするための施設となっていて、自宅での出産やフリースタイル出産などを取り入れているところが多いです。
医療行為に頼らず自然な出産がしたい、助産師さんや家族とアットホームな雰囲気で出産したいという人に選ばれています。

 

ただ、助産院は産婦人科医がいませんので、分娩時に緊急で帝王切開や医療行為が必要になった場合などは提携先の病院での分娩となります。

 

このように、産婦人科といっても種類や分娩方法は沢山あります。
気になるのが出産費用だと思いますが、どの病院を選ぶかで出産費用は変わってきます。
とにかく安くしたい、出産費用がいくらくらいになるのかなど気になる場合は、病院に直接問い合わせてみて大体の費用の目安から選んでも良いでしょう。

 

母子健康手帳の交付

母子手帳

妊娠すると母子手帳が必要になります。赤ちゃんの心拍が確認されると病院から妊娠届出書をもらえるようになります。
最寄の役所で手続きをして、交付してもらいましょう。

 

届出はとても簡単で、妊娠届出書に必要事項を書いて出せばすぐに発行してもらえます。
その際に予防接種の問診表などの書類を同時に交付される自治体もありますから、書類を入れられる手提げカバンなどを用意しておくと便利です。

 

妊婦検診では母子手帳についている健康診査表で無料になる検診もあるので、妊娠届出書をもらったら早めに交付してもらうことをおすすめします。

 

母子手帳は赤ちゃんが大きくなっても予防接種や健康診断で必要になります。
大切にとっておけるように母子手帳ケースなどを用意しておいて、なくさないように保管しておきましょう。

自治体や健康保険の制度と手続き

妊娠だけでなく、出産でもらえるお金もあります。
どの制度が自分に該当するのか調べて手続きをしておきましょう。
事前に知っておくことでスムーズに手続きができます。

 

どんな制度があるのか

産後にもらえる助成金としては主に2つあり、健康保険などからもらえる出産育児一時金と産休期間の給料を保証してくれる出産手当金です。

 

これは仕事をしていたかどうかで変わってきます。
産前も産後も働く予定の無い専業主婦、産前に退職した人、産後も仕事に復帰をする予定の人かどうかで該当する助成が変わるので一覧をチェックして、どの手続きが必要なのか確認しましょう。

 

手続きの種類 該当者 申請時期 助成金額
失業給付金の延長 退職前に6ヶ月以上雇用保険に加入していた人(一般被保険者) 退職翌日から30日目経過後の1ヶ月以内 年齢や勤続年数によって異なるが、月給の5〜6割が目安
出生届 子供が生まれた人全員 出産から14日以内
未熟児養育医療給付金 出産した赤ちゃんが未熟児と診断された人 出産から14日以内 指定の医療機関での医療費が公費負担となる※条件により一部負担の可能性あり
児童手当金 子供が生まれた人全員 出生月内 ・0歳〜3歳未満:15,000円・3歳〜小学校修了前:10,000円(第一子・第二子)15,000円(第三子以降)・中学生:10,000円
健康保険の加入 子供が生まれた人全員 1ヶ月検診まで
育児休業給付金 会社に勤務しているママ 育休開始日1ヶ月前まで ・育児休業開始日から180日まで:月給の67% ・181日から修了まで:月給の50%
産前産後休業保険料免除 社会保険加入者本人 産前産後休業中
医療費控除 出産費用を含め、年間医療費が10万円を超えた人 出産した年の翌年の確定申告
出産祝い金(企業) 勤務先に祝い金制度がある人 勤務先へ要確認 勤務先により異なる
出産祝い金(自治体) 自治体に祝い金制度がある人 自治体へ要確認 自治体により異なる
傷病手当金 産休前に病気やケガで4日以上休業した人 休業から4日目〜2年以内 給料の3分の2
医療保険 出産前・出産時に対象となる治療を受けた人 保険会社へ要確認 保険会社、契約内容による
出産手当金 勤務先の健康保険加入者で出産後も働く人 産休開始翌日〜2年以内 給料の3分の2
出産育児一時金・出産育児付加金 健康保険加入者で 妊娠4ヶ月以上で出産した人 出産日翌日から2年以内 1児につき42万円(会社や自治体によりプラスされる場合もあり)
高額医療費 1ヶ月間に一定額以上の医療費がかかった人 診察日〜2年間 所得によって異なる
乳幼児医療費助成 出産後に赤ちゃんが病院で治療を受けた人 治療を受けた際 年齢、自治体による

※2017年時点のものです

まとめ

妊娠・出産で受けられる助成金はたくさんあります。
後から気付いても遅いので、損の無いよう早めにチェックして、産後に備えて準備しておくことが大切です。

 

産前・産後は忙しくなります。
赤ちゃんが産まれると外出も自由にできなくなりますから、妊娠中に早めに準備しておいて、出産に備えましょう。

 

関連サイト

初マタさんにおすすめの葉酸サプリメントを紹介しているサイトです。
葉酸サプリメントを比較!妊活・妊娠中の女性必見の選び方はコレ
http://www.syufeel.com/onayami_ichiran/maternity/yousan/yo12/

 

厚生労働省からも摂取が推奨されている葉酸サプリ
どの商品をえらんだらいいのか?
副作用は?
葉酸サプリの様々な疑問も解決できます!