初めての妊娠で気をつけること

MENU

 

これだけはダメ!絶対にしてはいけないこと

初めての妊娠が分かってこれから妊婦ライフをおくるうえで、どんなことに気をつければ良いか不安や心配があることでしょう。
普段は何気なくしていることでも、妊婦さんには良くないとされていることは意外とたくさんあります。

 

その中でもまずは、以下の2つだけは妊娠中に絶対にしてはいけないこととされています。

 

喫煙

まずは喫煙です。
これは妊婦さんでなくてもほとんどの方が知っていることですが、リスクがある事は分かっていても、ほんの少しならと思って吸ってしまう人もいるかも知れません。
ですが、妊娠中の喫煙は赤ちゃんが低体重になるリスクのほか、流産や早産、羊水の減少、前置胎盤などのリスクが高くなることがわかっています。
タバコには有害物質がたくさん含まれていて、それを体内に吸い込むわけですから、赤ちゃんに悪影響が及ぶのはお分かりかと思います。
タバコのパッケージにも大きく注意書きが書かれています。

 

妊婦さんだけでなく旦那さんがタバコを吸う場合も、副流煙の影響もありますから、室内で吸っていた人は外で吸ったりと配慮してもらうようにしましょう。
今までタバコを吸っていた人は、妊娠したら絶対に吸ってはいけません。妊娠したら赤ちゃんのために禁煙をしてください。

 

飲酒

喫煙と同様、妊娠中に絶対にしてはいけないのが飲酒です。

 

お酒にはアルコールが含まれていますが、大人と違って胎児にはまだアルコールを分解する機能が発達していないので、体内で分解されるまでに時間がかかってしまいます。
習慣的に飲んでいるといつまでもアルコールが胎児の体内から抜けないのです。
アルコールが体内に残っていると、低体重や低身長などの発達の遅れなどのリスクが伴います。

 

妊娠中のアルコールは我慢しましょう。

 

 

日常生活で気をつけること

喫煙と飲酒に関しては、妊娠を考えている人でなくてもご存知の人も多いと思いますが、日常生活でも気をつけることがたくさんあります。

 

冷えに注意
冬場のお腹や腰の冷えはもちろんですが、夏場の暑い日でも、冷たい食べ物や飲み物の摂りすぎや冷房での冷えにも注意が必要です。
冬場の冷え対策はもちろん、夏場も体を冷やしすぎないように薄手のカーディガンやストールなどを身に付けて、冷えから体を守ることを心がけましょう。

 

大きなイベントは最低でも安定期に入ってから
旅行や引越しなどの大きなイベントも、妊娠中は自由が利かなかったりいつもより動くことが多いので、注意が必要です。
どうしてもという場合は、最低でも安定期に入ってから行動することをおすすめします。

 

また、妊娠中は大きなお腹でいつもより動きが制限されたり、転倒や急な体調の変化も考えられます。
万が一のときのために母子手帳や保険証、産婦人科の診察券を持ち歩くようにしましょう。

 

車の運転にも注意
こんなことまで?と思われるかもしれませんが、車の運転にも注意が必要です。

 

妊娠中はお腹の張り、貧血、足がつるなどのトラブルが急に現れることがあります。
運転中にこのような症状が現れると注意力が散漫になる場合も考えられますから、体調が思わしくないと感じたら車の運転を控えるなど、慎重に行動しましょう。

 

レントゲンにも注意
病院や健康診断などで行われるレントゲンにも注意が必要です。
妊娠中に産婦人科以外の病院にかかるときは、受付時に妊娠中であることを必ず知らせてください。

 

 

体調の変化(便秘・眠気・発汗・虫歯など)にあわせて生活を整える
基本的には睡眠をたっぷりとって、疲れをためないように心がけます。
妊娠中は自身の体調の変化にあわせて、無理をしない生活をしてください。

 

特に虫歯の治療などは治療ができる時期が限られているうえに、産後も赤ちゃんのお世話で外出も自由にできなくなります。
妊娠が分かったら早めに歯科検診に行って虫歯を治しておきましょう。

 

 

食生活 〜摂取しないほうがいいもの〜

生の食べ物は食べない
妊娠中は免疫力の低下や体質の変化などで食中毒などの感染症にかかりやすくなっています。
トキソプラズマ感染のリスクがある生ハム、ユッケ、レバ刺しなどの生ものや、水銀を含むマグロ、カジキなどの料理も避けてください。
サルモネラ菌感染のリスクがある生卵や加熱が不十分な肉類、ヨウ素を含む昆布、ひじき、わかめなどの海藻類も食べないほうがよいです。
妊娠中のビタミンAの摂りすぎもよくないので、うなぎなども避けると良いでしょう。

 

塩分の摂りすぎを避ける

妊娠中の塩分の摂りすぎもよくありません。
塩分の摂りすぎはむくみをはじめ、妊娠高血圧症候群などのリスクが高まってしまいます。
摂取量は一日7g未満にとどめるように気をつけて、塩分を減らしてください。

 

カフェインは摂りすぎない
妊娠中はカフェインの摂取も控えましょう。
カフェインは興奮状態にする作用があるので眠気などに効くといわれていますが、妊娠中はカフェインの分解には時間がかかってしまううえに、赤ちゃんにも届いてしまいます。
コーヒー程度なら一日に一杯程度にしておきましょう。

 

水分はたっぷり
妊娠中は赤ちゃんへの水分提供のほか、ママ自身にも水分がいつもより必要になってきます。
体内の血液の量が増えたり、体脂肪の量が変わったりするためです。

 

夏場の汗の量も変わってきますから、水分量が少ないと貧血や脱水症状におちいる可能性がでてきます。
水や麦茶、ルイボスティーなどの水分をこまめに摂るようにしてください。

 

薬類(医師と相談すること)
妊娠中の服薬は、必ず医師と相談してからにします。
これは薬の成分が妊婦さんや胎児に悪影響をおよぼすことがあるからです。

 

風邪などで体調が悪いときは産婦人科を受診して、妊娠中でも服用できる薬を処方してもらってください。
上記であげた以外にも、糖分の摂りすぎは体重増加の原因にもなりますから、妊娠中は特に気をつけるようにします。
妊娠中の食生活は、体重管理をきちんとして、バランス良く栄養素が摂れるような食事内容に生活改善することがポイントです。

 

食事だけでの摂取が難しい栄養素や、葉酸などの摂取を推奨されている栄養素はサプリメントなどで補ったりすると良いでしょう。

 

ただ、つわりの時の食生活にいたっては、食べられないものを無理に食べる必要はありません。
食べたいものを食べたいときに、食べられるだけでかまいませんが、水も飲めないなどの重度なつわりの場合は医師に相談しましょう。

 

運動 〜適度な分にはOK〜

妊娠中の自転車については、転倒の危険、お腹に加わる振動などがあるため、NGです。
そして、妊娠初期の水泳も基本的にNGです。体が冷えますし、水泳でも激しい運動は避けたほうが良いからです。
とはいえ、妊娠中はゆっくり歩くなどの適度な運動は必要です。
ウォーキングやマタニティビクス、マタニティヨガなどの妊婦さんのための運動などを取り入れて、安定期に入ったらある程度は体を動かしていくことも必要です。

 

ストレス 〜心のリフレッシュ〜

妊娠中は特に、ストレスだけでもすぐに体に現れたりして不安定になりがちです。
ストレスをためないように生活して、イライラしたらヨガや運動でリフレッシュしたり、ハーブティーを飲んだりしてゆったりとした時間を過ごしてください。

 

感染症予防

風邪以外にも、インフルエンザなどにも注意が必要です。
幼少期の予防接種状況によっては、他の感染症にも注意が必要なので、自分の受けていないものや、効果が薄いといわれた時期だった場合などの確認が必要となります。

 

 

仕事をしているなら気をつけたい3つのポイント

妊娠中も仕事をしている人はいらっしゃいますが、妊娠しても仕事を続けるつもりの人は特に以下の3点に気をつけてください。

 

直属の上司への早めの報告

妊娠が分かったら、早めに上司に報告しましょう。
妊娠をすると急に体調を崩すことがあるので、周囲の理解を得ておくことが必要だからです。

 

報告をする場合は、まずその前に産婦人科を受診して、確実に妊娠していると診断されてからにしましょう。
妊娠検査薬でも妊娠判定はできますが、子宮外妊娠などのトラブルも考えられます。

 

まずは産婦人科で確実な妊娠の診断をしてもらいます。
その後、直属の上司に報告をしましょう。
報告の際には妊娠したということをまず話し、勤務期間や時間帯、仕事内容などの希望があれば伝え、お願いの気持ちを伝えます。
上司の方からも仕事内容などの相談をされることを想定して、ある程度の自分の希望を答えられるようにしておくとスムーズです。

 

体や心に無理がかかる仕事はしない

 

妊娠しても仕事を続ける場合は、心身に負担をかけないようにしましょう。
特に、力仕事、肉体労働、長時間勤務は控えます。
妊娠中はいつも通りの動きができなくなるからです。

 

無理をして体に負担がかかって体調を崩してしまい、ママと赤ちゃんに何かあってからでは遅いです。
職場の人にも責任を感じさせてしまいますから、肉体的に無理だと感じたらまずは上司に相談してください。

 

身体的なことだけでなく、ストレスがかかる仕事にも気をつけるようにします。
心に負担がかかると注意力が散漫になったりお腹が張るなど、身体にも体調の変化が表れてくるものです。

 

夜勤など、生活リズムが不規則になる仕事もしないようにしましょう。

 

満員電車はNG!通勤環境の改善

 

満員電車は危険と隣り合わせです。
お腹の大きな妊婦さんやつわりのひどい妊婦さんにとっては危険そのもの。

 

会社によっては時差通勤が認められる場合があるので、上司に相談して満員電車は避け、安全な通勤方法に変更してもらうようにしてください。

 

 

もしも出血したら早急に病院へ

妊娠中、万が一出血をしたら迷わず病院へ行きましょう。
妊娠中はおしるしで出血することがありますが、それ以外は不正出血となります。

 

まず、オレンジ色の出血は危険信号です。
茶色の出血よりも量が多い出血なので、早急に病院へ相談します。

 

赤い出血は流産の可能性があります。
とにかく早く病院へ行き、医師の診断を受けましょう。

 

診察の際にはいつ、何時頃、どんな出血があったのかをしっかりとメモして、他に頭痛や腹痛、吐き気などが無かったかどうかも覚えておきます。

 

 

初めての妊娠で気をつけることのまとめ

とにかく、妊娠中にいちばんしてはいけないのは喫煙と飲酒です。
周りの人の「私は大丈夫だったよ」という言葉にまどわされないで、人は人と割り切って、強い意志をもって禁煙・禁酒しましょう。

 

そして、できるだけストレスをためない生活を心がけることも大切です。

 

妊娠中は急な体調の変化や周りの人の配慮などを求めることが多々あります。
周囲の人に理解を得てもらい、周りにも助けてもらいましょう。